アフターピル・緊急避妊ピル(EC)とは

アフターピル・緊急避妊ピル(EC)とは、「無防備な性行為をもった」、「避妊に失敗してしまった」、「レイプ被害を受けた」など望まない妊娠を避けるために服用するピルのことを言います。

性行為後72時間以内に女性ホルモン製剤を服用することで着床を防ぎ、避妊することができます。

アフターピル・緊急避妊ピル(EC)には、中用量ピル(プラノバール)を2錠服用、12時間後2錠服用のヤッペ法という方法と黄体ホルモン(レボノスゲストレル)1錠1回服用のいずれかを選択します。

緊急避妊

排卵を遅延させたり、仮に受精したとしても急激なホルモン変動により着床を防ぐことで100%ではないものの、かなり高い確率で避妊可能です。
72時間を超えたとしても、120時間までなら服用しないよりは服用した方が避妊の期待も出来るので、不安な方は積極的に服用することをお勧めします。
また、IUS(銅付加子宮内リング)の挿入も緊急避妊として120時間以内であれば適応になります。