避妊

ピルを服用すると、含まれるホルモンの働きにより脳下垂体からのホルモン(FSH、LH)分泌されにくくなります。

そのため排卵がストップし、受精した際に受精卵を正常に着床させるために必要な子宮内膜の増殖も抑えられ、更に頸管粘液が減少し、精子の侵入を防ぐことにより高い避妊効果が得られます。よって、望まない妊娠をほぼ確実に防ぐことが出来ます。

避妊以外の効果

ピルを服用することで、排卵がストップすることで長い間働き続けてきた卵巣が一時的に休息でき、ホルモンバランスが安定します。
ホルモンバランスが安定することによって、月経前や月経中の倦怠感や痛みなど、さまざまな不快な症状(PMS)を軽減したり、大人ニキビや多毛症の改善にも効果があります。
また、子宮内膜症、子宮体がんや卵巣がんの発症リスクを抑える働きもあります。

  • 重い月経痛の軽減(月経困難症)
  • 月経不順の改善(月経不順、卵巣・下垂体機能不全症)
  • 月経前症候群(PMS)
  • ニキビ治療、美肌効果(大人にきび)
  • 子宮内膜症の予防及び治療
  • 子宮体がんや卵巣がんの予防

月経のコントロール

ピルを服用することで月経周期を規則正しくすることができます。
また、月経を簡単にずらすことも可能なので、月経開始日のコントロールもできるようになります。そのため、旅行や外出の予定も立てやすくなります。